忍者ブログ
心にしみる記事など
[29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20]  [19
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バンクーバー冬季オリンピック第14日目の2月25日、日本時間では26日に、フィギュアスケート
女子のフリーが行われました。日本中が浅田真央さんの演技に釘付けだったのではないでしょうか。

ショートプログラムで首位発進した韓国のキム・ヨナさんが歴代世界最高となる合計228.56点を
マークして、金メダルを獲得したのです。
そしてショートプログラム2位の浅田真央さんは、205.5点で銀メダルでした。安藤美姫さんは
188.86点で5位でした。もう一人の日本代表の鈴木明子さんは、181.44点で8位入賞を果たしました。

浅田真央さんは唇をかみしめながらも、両手を挙げて観衆の歓声に応えながら表彰式のため再び
リンクに登場しました。銀メダルを首にかけられたときには、かすかに笑顔を見せたのです。
対照的には、金メダルを獲得したキム・ヨナさんは、満面の笑みでした。金メダルをスタンドに
向けて小さく掲げ、喜びを表現すると記念撮影の前にはうれし涙をこぼしました。

「本当に長かったというか、あっという間でした」とインタビューに答えた浅田真央さん。そう
応えると、涙が溢れ出したのです。「4分だったんですけど、いろいろ考えたりして長かったと
思うんですけど、本当にあっという間に終わってしまった」と振り返り、演技内容については
「これも自分の今できることがすべてできたので、悔しいですけど自分のできることはできたかな
。演技自体はミスがあったので納得はしていない」と悔しさを隠せなかった様子でした。

残念ながら浅田真央さんの演技中、私は子供のお迎えに幼稚園に行っていました。家に急いで帰っ
てきたつもりなのですが、帰ってきたところもうすでに結果が出ていました。私の本音は、「真央
ちゃんは絶対に金メダル」と思っていました。浅田真央さん自身も「金メダルがほしい」とインタ
ビューで言っていたのです。でも、オリンピック初出場で素晴らしい結果ではないでしょうか。
大きなプレッシャーがあったかもしれませんが、本当にお疲れ様でした。




国際ジャーナルの取材記事を読んで 朝ごはんを考え直そう
報道ニッポンで楽しむ 報道通信社 取材 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 評判の雑誌って? 東京 Y 掲載料 現代画報 国際ジャーナル 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 取材しました 国際通信社グループ 現代画報は現代画報社から出版されています 名古屋 商法 民法 大阪 報道ニッポン 取材します 取材 発行部数は約3万部 タレントがインタビュアーになり取材します 報道通信社 取材 現代画報 グラビア 評判のお店へ取材 報道通信社 : 報道通信社 夫婦別姓 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの所感 報道ニッポン再発見: 報道ニッポン 携帯電話への情報提供 取材です 刑法 G
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]