忍者ブログ
心にしみる記事など
[31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事で気になる点は、昨年12月に起きているのに、公への発表と警察への届出が2月に遅れた理由は何故なのかと言う点と熊本市は市道の道路監督責任はあるが、24時間365日常に異常が起きていないかを管理監督するまでの責任はないと思われるのに遺族への補償を行う考えがあることを示唆している点である。記事を書いた新聞記者、新聞社には疑問は起きていないのだろうか? 推測だが、後者は、市に補償責任があるのはガードパイプ工事完了後の検査を全く行っておらず、工事請負業者が手抜き工事をした場合であろう。
熊本市は、その立証ができないので渋々補償をすることにしたのではないだろうか?ならば、そのことは記事にするべきと思われる(一般的には市が積極的に報償に応じる姿勢を見せるのは良いことである)。前者は警察への通報がこれだけ遅れては、悪意で誰かが外していた場合は、捜査がそれだけ遅れることでありとんでもないことと言わねばならない。そもそも、事故死であるから、その時点で警察の介入は起きているはずである。事故の公表も、同じことが起きることを予測して早く公表しなければ、第2の同様な事故が起こりえる可能性があるわけだから大変な怠慢と言わざるを得ない。
---以下、西日本新聞引用要約
熊本市は、男性が転落防止用の市道のガードパイプにもたれかかった際、パイプが外れて1・75メートル下のコンクリートの河川護岸に転落、首の骨などを折り、死亡する事故があったと発表した。固定するピンが外れており、市が市内のガードパイプを調べたところ、別に62カ所で同様にピンが無くなっていたことが判明。故意に外された可能性もあるとみて県警に通報する。事故は昨年12月13日午前11時20分ごろ、同市松尾町で起きた。同市は遺族と示談を進めており、幸山政史市長は「管理者として責任を感じる。今後遺族には誠意を持って対応したい」と述べた。


現代画報を見つけて
国際ジャーナル | 国際通信社 | 国際通信社グループ 報道ニッポン 現代画報 民法 Y 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 報道ニッポン 評判の雑誌って? 掲載料 現代画報 グラビア 国際通信社グループ タレントがインタビュアーになり取材します 報道通信社 取材 報道ニッポンで取材されました 大阪 取材 国際ジャーナル 国際ジャーナルからの飛躍: 国際ジャーナルと取材 一般参賀によって ... 商法 報道通信社 取材 東京 現代画報 北方領土返還に向けた鳩山首相の発言の真意とは? - 現代画報の ... 現代画報 国際ジャーナル G 現代画報は現代画報社から出版されています 取材です 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 取材します 名古屋 刑法 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 発行部数は約3万部 取材しました
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]