忍者ブログ
心にしみる記事など
[44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日の新聞に、睡眠障害や飲酒行動に問題がある人は、自殺する危険性が通常よりそれぞれ
28倍、3倍も高いことが厚生労働省研究班の調査で明らかになったということが載っていました。

この研究班は、2007年12月~2009年12月、自殺した15~78歳までの76人の生前の様子について、
遺族から聞き取り調査を実施しました。そのうち49人について、一般人145人と比較検討したの
です。

その結果、睡眠障害などのほかに、うつ病などの気分障害は通常より6倍、死に関する発言を
した人は通常より4倍、そして不注意や無謀な行為のあった人は通常よりも35倍もの自殺の
危険性が高かったということなのです。

国内での年間自殺者は、1998年以来12年連続で3万人を超えているそうです。研究班でデータ
分析にあたった研究所室長は「自殺のサインを見逃さないよう国民への啓発活動が必要。
かかりつけ医や精神科医の診断能力の向上も求められる」と指摘しました。

仕事に就いている人、または学生でも人間関係などのストレスによって病気になってしまう
という人がいると聞いたことがあります。私の知人でも、仕事からのストレスによってうつ
病になり、信頼のできる病院に通院しているそうです。
また、以前に雑誌「現代画報」でも取り上げられていたのですが、「不景気」による理由で
自ら命を落とすという人もいるとテレビや新聞などで取り上げられていました。
残された者は、非常に悲しく後悔するかと思います。
精神的な病を患ってしまった場合、やはり信頼できる医師に些細な事でも相談すべきでは
いかと思います。解決の道が見つかるかもしれません。


子育てジャーナル | 国際通信社グループ(国際ジャーナル 報道ニッポン 現代画報)
国際ジャーナルから学んだ 国際ジャーナル 国際ジャーナルの掲載企業 wiki 国際通信社の国際ジャーナル 現代画報と掲載企業 寒い浴室は危険 : 現代画報との戦い 有限会社ライズ 社長コラム 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 現代画報は現代画報社から出版されています 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 opem-press.org | 国際ジャーナル | 国際通信社|エコと景気回復の ...
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]