忍者ブログ
心にしみる記事など
[224]  [223]  [222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

虐待を受けた子や家庭で育てられない子供たちを養育する児童養護施設などで、
施設職員らによる虐待が2009年度に59件あったことが厚生労働省の調べで
分かったと、先日の新聞に載っていました。
また、「虐待」についての記事が、以前に雑誌「現代画報」に載っていたように
思います。

虐待を見つけた際の通告が2009年度に義務化されて、全国の実態が初めて
把握されたということです。

調査の対象は、家庭に変わって18歳未満の子を養育する児童養護施設や児童自立
支援施設、乳児院、里親などです。
厚生労働省によると、2009年度に都道府県や児童相談所などが受けた施設虐待の
届け出や通告は計214件だったということです。そのうち、自治体で事実確認を
行って、虐待行為があったと確認されたケースは59件だったそうです。
ちなみに、虐待行為が最も多かったのは児童養護施設で29件、次いで児童自立支援
施設と里親が各9件、児童相談所と1時保護所と知的障害児施設が各4件だったと
いうことでした。

今回の記事は非常に怒りを覚える内容でした。様々な理由で傷ついた子供たち、また
人の力を必要とする子供たちに手を差し伸べてあげるべき立場の人が虐待とは・・・。
子供たちのために何かをしよう・・・という立場の人が虐待とは・・・。
人間として許されることではありません。


国際ジャーナルは、対面取材方式で経営者に鋭い質問を浴びせる人気特別取材企画「地域に生きる人と企業」をはじめ、貴重な情報源をもとに「EXPERT'S EYE」「職人に訊く」「医療と福祉」「学びの現場から」「逸店探訪」「社寺聴聞」といった充実の特集記事、連載記事で好評を得ています。
国際通信社グループの書籍は、定期購読者その他への直接販売。及び星雲社を通じて全国の書店にて取扱い。全国の一部図書館、病院、ホテルに、最新号を常設しています。
報道ニッポン
国際ジャーナル
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]