忍者ブログ
心にしみる記事など
[146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139]  [138]  [137]  [136
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近続々と、改正臓器移植法に基づいて家族承諾の脳死臓器提供が行われていますね。昨年7月に参議院本会議で改正臓器移植法が可決、成立してから一年を過ぎ、これからもっと臓器移植が推奨されていくんじゃないかと思います。本人の拒否が無い限り、家族の承諾だけで脳死が「死」として確定され、臓器があちこちに分散するわけです。医学的な見地だけで言えば、永遠に目覚めないかもしれない患者一人を診るよりも、臓器移植によって救われる患者が増える方が良いように思われるかもしれません。でも、自身を振り返ると、本当にそれだけでいいのかと考えずにはいられないでしょう。特に子どもを持つ親は複雑です。子どもが臓器を必要とする状況に追い詰められたときは、「脳死者を待つ」立場になり、子どもが脳死になったときには、子どもの意思がハッキリしていれば提供するかしないかを決められるかもしれないけれど、分からないときは選択を迫られるからです。おそらく、このまま家族承諾の臓器提供が世の中に浸透していけば、「脳死=提供することへの義務感」を背負わなくてはならなくなる気がしています。世間という常識の恐ろしさは、戦時中を思い起こせ・・弌△泙燭蓮・什澆離妊献織訖・瑤鮓・譴弌∧・・襪任靴腓Α・笋燭舛呂い弔癲崟ご屬・気靴じ世Δ發痢廚卜・気譴覺躙韻忙・気譴討い襪里任后・・・波獣任任④詢篝鼎気髻∨困譴討呂い韻覆い任垢諭・・・・・・
報道通信社
現代画報
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]