忍者ブログ
心にしみる記事など
[52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46]  [45]  [44]  [43]  [42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010年3月の「現代画報」で、江國香織原作、セックスレス夫婦を描いた映画「ス
イートリトルライズ」が紹介されていました。

先日、日本アカデミー賞の中継をテレビで見ましたが、夫婦役の大森南朋、中谷
美紀ともノミニーに入っていましたね。

最優秀は逃したものの、中谷美紀は今回「ゼロの焦点」で助演女優賞を受賞。か
つて「嫌われ松子の一生」最優秀助演女優賞と、日本アカデミー賞では常連の、
押しも押されもせぬ大女優。

夫役の大森南朋は、この賞の受賞は、中谷美紀と対照的に今回が初めて。

受賞は映画「ハゲタカ」の劇場版での主役、鷲津政彦役の演技が対象となりまし
た。

「ハゲタカ」は元々、真山仁の原作がNHKで連続ドラマ化されて評判を呼び、
劇場版にまでなったものです。

2007年の初回放送当時は、企業買収という一見、地味で解りにくい内容の為か、
何と視聴率がひとケタ台。

しかしその内容の質の高さから、初回を見たファンの声から評判が高まり、何度
も再放送され、ついに劇場版化にまで至ったというもの。数々のテレビドラマの
賞を受賞しています。

大森南朋も、演技力は注目されていたものの、知名度は低かったのですが、この
一作で一気に注目度が上がり、アカデミー賞を受賞するまでになりました。

2010年の大河ドラマでは、土佐藩の草莽の志士、武市半平太を演じます。香川照
之などの演技派に交じり、ドラマをひっぱっており、これらかも注目度が大です
ね。









現代画報 時計をあげる詐欺/現代画報社
国際ジャーナルの取材で・・ 国際ジャーナルからの飛躍 現代画報社 もう一度勉強 国際通信社グループは、経済誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。 産業廃棄物収集運搬、OA機器・プラスチック等のリサイクル処理/ダイトク 国際ジャーナルの掲載企業 報道ニッポンは報道通信社から出版されています 国際ジャーナルの求人 国際ジャーナル 国際ジャーナル文芸批評 国際ジャーナルは国際通信社から出版されています wiki 現代画報は現代画報社から出版されています 現代画報のグラビア雑誌 国際通信社の国際ジャーナル
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]