忍者ブログ
心にしみる記事など
[198]  [197]  [196]  [195]  [194]  [193]  [192]  [191]  [190]  [189]  [188
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

現代画報社の現代画報に、「全ての愛は脳から始まる  愛のメカニズム-ドーパミン」という記事が出ていました。
愛が脳から始まる? ドーパミン??
まったくよくわからないタイトルが気になり、「ドーパミン」というものを調べてみました。

ドーパミンとは、”A-10神経”を流れており、私たちの感情の中でも特に愛と関係があると考えられているそうです。
A-10神経は、神経繊維が集まった神経の束、この一本一本の中をドーパミンが流れています。

神経繊維とは細胞から細胞へ信号を送る電線で、
その内側では小さな玉に包まれたドーパミンが末端に送られていきます。
そしてA-10神経の末端にたまった小さな玉は、外からはいって来た刺激をうけて弾け、中のドーパミンが放出されます。
するとA-10神経の通っている場所の細胞が、ドーパミンをレセプターで受け止め興奮し始めます。
その興奮が脳に快感を生み出すようです。

快感とは、A-10神経から周りの細胞にドーパミンが放出され、
その時起こる興奮が生み出す現象だと考えられているとのことでした。

快感は、あらゆる生き物を行動させる原動力になっており、
人の場合も、恋をするとA-10神経からドーパミンが放出され、脳が快感を感じます。
するとその興奮が自律神経から全身に連絡されます。
心臓に伝わると鼓動が早まって胸がドキドキしたり、顔に伝わると頬が赤くなったり、

目が潤んだり、恋愛特有の症状が起こってくるのです。

つまり、私たちは脳で愛し合っている・・・たしかに上述の説明では理解ができますが、

そう信じたくないような、なんだか奇妙な感覚を覚えました・・・・・・。

現代画報社
報道ニッポン
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]