忍者ブログ
心にしみる記事など
[92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83]  [82
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

振り込め詐欺の被害がもっとも多いケースを参考に、
振り込め詐欺被害防止の開発を始めたそう。



被害者の多くが、携帯電話で受け取った指示で

現金自動預払機(ATM)から現金を振り込んでしまう。



そこで、犯人がよく使うだまし文句などを識別し、

警報を鳴らすシステムを組み込んだ携帯電話の開発を始めました。



開発者の方によると 会話などから特定の言葉を識別する

音声認識ソフトをベースに開発を進め、

警察庁からは、「事故」「警察官」「弁護士」「還付金」などの、

振り込め詐欺の犯人が頻繁に使う言葉のデータを提供してもらい

研究に利用するそうです。



実現すれば、被害者が犯人と会話している時の声の調子、

手の汗の量、携帯を持ち替える回数などから、

被害者の緊張や動揺といった異常を感知し、

警報を鳴らすというシステム。

3年後の実用化を目指し開発だそうです。



色々対策を考えるのは良いことですね。



しかし、“いたちごっこ”な問題であることには変わりはなし。



振り込め詐欺の方法も日々進化?しています。

色々な対策を研究し実行することは良い事だと思いますが、

やはり最後は自分の身は自分で守るしかないのでは?

マスメディアで騒がれても、なお振り込め被害は後を絶たない・・・



お金の関わる話であれば、すぐ振り込まない。



知り合いのお母さんの所にも、振り込め詐欺の電話があったそうです。

その時そのお母さんは、一度電話を切りその電話?主である娘さんに電話。

もちろん娘さんは「かけてない」。

振り込め詐欺確定です(笑)



とにかく詐欺には色々な手法がありますが、普通に考えれば

お金の話は電話でするものではないでしょう・・

多額のお金を電話一本で借りたい、そして貸してしまう。



そんな親子関係にも疑問を持つのは私だけでしょうか・・・

報道ニッポンとの出会い
現代画報 | 現代画報社 | 現代画報の投稿サイト 国際ジャーナルは人と企業をつなぐ月刊経営情報誌です。全国の書店からのご注文、オンライン書店、直販、図書館にてお取り扱いしております。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]