忍者ブログ
心にしみる記事など
[281]  [280]  [279]  [278]  [277]  [276]  [275]  [274]  [273]  [272]  [271
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年が明けて1、2、3月というのは行く、逃げる、去る
などと語呂合わせで言われるくらい、あっという間に時が経っていきます。

 うかうかすると、「もうバレンタインデー?」なんてことになりますね。

 バレンタインデーにチョコレートを贈るという習慣は日本だけのようですが、
このバレンタインデー、もともとは聖ヴァレンティヌスという聖人が殉教した日
が2月14日だったことに由来します。


 当時のローマ皇帝、クラウディウス2世は戦士の士気が下がることを懸念し、兵
士たちの結婚を禁止してしまいました。

 ヴァレンティヌスはこれに背き、恋人たちに結婚式をあげさせたため、捕まっ
てしまいます。

 監獄に入れられましたが、そこの目が見えない看守の娘が、彼のもとを度々訪
れ、説教を聞いていると、目が見えるようになりました。

 この奇跡に感じ入った彼女の家族がキリスト教に転向したことに怒った皇帝に
よって、彼は処刑されてしまいます。

 処刑の前日にヴァレンティヌスは娘に宛てた手紙を書きましたが、それには「
あなたのヴァレンタインより」と署名されていたそうです。

 こうして、ヴァレンティヌスは恋人達の守護聖人とされ、殉教した日がバレン
タインデーと呼ばれるようになりました。

現代画報」にも、聖ヴァレンタインの伝説についての記事がありました。

 さて皆様、告白の準備は進んでいますか?





21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
報道通信社
現代画報社
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]