忍者ブログ
心にしみる記事など
[338]  [337]  [336]  [335]  [334]  [333]  [332]  [331]  [330]  [329]  [328
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以前、雑誌「現代画報」にて「虐待」に関する記事が取り上げられていたように思います。
そして、テレビや新聞では毎日といっては大げさかもしれませんが、それに近いくらいに
虐待のニュースが報道されています。報道を目にするたびに、親という立場の大人が許せな
いですし、傷つけられた子供がとても可哀想に思います。私も今、育児をしているのですが、
日々困ることや、腹立たしく思うことがあります。が、それが原因で起こるストレスから我が
子を傷つけてはいけないと思っています。我が子の命を自分が奪うことだって起こるのです。
開村式を終えて、子供たちが里親のもとで生活しているのに、こんなことを言うのは申し訳
ないかもしれませんが、子供は本当の親の手で育てるべきだと思うのです。本来であれば、
利用してはいけないところなのかもしれません。今、不景気なために経済的な問題があって、
今まで生活できたのにできなくなってしまったという家庭もあるかもしれません。
ですが、虐待に関しては絶対にあってはならないのです。世の中から虐待が消えることを願
ってなりません。




国際ジャーナルを発行する国際通信社グループ(国際通信社,報道通信社,現代画報社)は、国際ジャーナル,報道ニッポン,現代画報コマンドマガジンなどの経済誌・月刊誌の発行を主業務とし、教育から人材育成、そしてビジネス チャレンジまで幅広い視野での活動に挑戦しています。
「地域と共に成長し、地域と共に生きる」──月刊経営情報誌『現代画報』では、その思いを基礎として激流の現代に力強く自らの道を切り開いていく経営者たちにスポットを当て、特別取材企画「地域を育む人と企業」をはじめとした「地域医療に貢献する ドクター訪問」「時代と人をつなぐスペシャリスト」「職人~地域で活躍する職人たち~」「心のふるさと~社寺めぐり~」「美食探訪 一度行きたいお薦めの逸店」など独自の対談取材を通して地域と共存共栄する企業の在り方を探っていきます。
現代画報
報道通信社
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  ヒューマンラジオ  All Rights Reserved.
*Material by シェルの素材工場  *Template by Nahema
忍者ブログ [PR]